書いて楽しい!計算が好きになる!パスカルの三角形【ダウンロードシート付き】

「算数あそび」といわれてどんなものを想像しますか?

2人でトランプを使うゲームあそびや、身体を動かして算数的なものを探すあそびなど、「算数あそび」といっても様々なものがあります。

今回は、計算が好きというお子様にぴったりな、そして紙と鉛筆があればできてしまう算数あそびを紹介します!

その名も「パスカルの三角形を作ってみよう」です。

パスカルの三角形を作ってみよう!どんな遊び方をする?

ではさっそく、遊び方を紹介します!

  1. こちらのPDFデータをダウンロードしてください!
  2. 一番上の〇に「1」を書きます。そのあと、右下と左下の〇に同じく「1」を書きます。以降、一番端の〇には「1」を入れていきます。それ以外の〇には、上にある2つの数を足した数を書き入れていきます。図のように数が埋まっていきます。
  3. ②をずっと繰り返していきます。後半、桁が大きくなってきて難しくなってきたら電卓を使ってもOKです!

ただ数字を入れていくだけの遊びに見えますが、驚きの遊び方は記事の最後にご紹介します!

どんな学びがある?

視覚的に面白い形なので、楽しく計算練習することができます。また、完成形を眺めていると、意外な発見をできるはずです。

例えば、こんなにたくさんの〇がある大きな三角形。

実際に完成させると、こちらになります。


一番左の列には当然「1」が並びますが、そのひとつとなりの列には1から順に数が並んでいます。そしてさらにひとつとなりの列に注目すると……?
ぜひ、どんな法則があるか考えてみて下さい。

並んでいる数を見て何か気づいたことはあるかな?

真ん中に並んでいる数はどんな数かな?

など、親子で考えてみても面白いかもしれませんね!

奇数の〇に色を塗ると、「シェルピンスキーのギャスケット」に!

最後に、あっと驚くワークがあります。それは、「奇数」だけを塗りつぶしていくと面白い模様が浮かび上がってきます!(偶数だけ塗っても反転した同じような模様になります)

その模様とは、こちら!

なにか不思議な法則で三角形のような模様が並んでいます。この模様には「シェルピンスキーのギャスケット」という名前がついており、また違った算数数学の話に繋がっていきます(ここでは、この話は省略します)。

こういった色々な発見があることが、算数の面白さのひとつなのです。ぜひ、実際に作ってみて下さい!

よかったらシェアしてね!